高齢者が訴える箇所の多くは、関節等ではなく筋肉の部分だ。現役世代にとって筋肉痛は、さらなる成長の約束そのものである。しかし高齢者にとっては違う。痛みを痛みとして、それ自体としてしかとらえることができない。心身の健康を保つために必要な運動も、疲労という表面的苦しさのみで忌避してしまう。 / 要約参照引用: 羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』文藝春秋 http://amzn.to/1EoCajl

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中