ヘリコバクター・ピロリ – Wikipedia

近年、食品によるピロリ菌の抑制効果が確認されている。発芽3日目のブロッコリーの新芽(スプラウト)を2か月間継続して食べた感染者において、胃の中に住むピロリ菌が減少したとの報告がされている[54]。ブロッコリーの新芽に含まれるスルフォラファンが有効成分の1つと考えられている[55]。また、梅に含まれるシリンガレシノールというリグナンの一種もピロリ菌の増殖抑制や胃粘膜への感染防御に有効であることが発見された。

このほか、緑茶[56][57]、緑茶カテキン[58]やココア、コーヒー[59]、わさび[60]、ショウガ[61]、ニンニク[62][63]、キムチ[64]、ヨーグルト[65]、乳酸菌のLG21[66]、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー等のアブラナ科の野菜に含まれるイソチオシアネート類[67]などでも抑制が報告されている。さらに、ニュージーランド特産の蜂蜜であるマヌカハニーも、ピロリ菌駆除力を持つことが報告されている[68][69]。

ただし、これら多くの食品による抑制効果は限られた調査対象や動物実験を基にしたものがほとんどである。また、特定の食品だけを過剰に摂取することは(たとえピロリ菌に対しては効果があったとしても)、全身の健康にとって良くないことは容易に想像できる。ヘリコバクター・ピロリ関連疾患の現実的かつ実践的な予防対策として、広範囲な疫学調査に基づき広く受け入れられているのは野菜と果物の摂取、および減塩である[70][71]。

引用元: ヘリコバクター・ピロリ – Wikipedia.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中