人間の祖先は、最初背中を丸めて手をついて四本足で歩行していました。しかし、500

人間の祖先は、最初背中を丸めて手をついて四本足で歩行していました。しかし、500万年前に手を使い出し、やがて二足歩行をするようになってから、腰は、常に体重と重力との闘いを始めたのです。腰痛は“仕方のない人類の宿命”といわれています。 http://ow.ly/505Wq

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中