『プルトニウムとミッキーマウス』、ザ・エコノミスト誌3月31日付記事妙訳 (via Genpatsu)

『プルトニウムとミッキーマウス』、ザ・エコノミスト誌3月31日付記事妙訳 THE ECONOMIST 2011年3月31日号 出典記事:http://www.economist.com/node/18488463?story_id=18488463 プルトニウムとミッキーマウス 日本の核危機は今だ続いており、東電だけでなく、国のエネルギー政策そのものの重大な欠陥を露呈している。 真昼にも拘らず、世界最大の民営電力会社、東京電力の本部は陰気な薄暗さに包まれていた。幹部らは頭を垂れ、東電がかけた迷惑について小声で謝罪している。暗い光のいたずらで、壁に掛かっている東電のロゴは変形したミッキーマウスに見える。 そこから250キロ離れた福島第一原発では、東電の社員と下請けの作業員が、三つの破損した原子炉からの放射線漏洩を食い止めようと奮闘している。彼らの作業条件は許容しがたいほど険しく、一年間で許容されるレベル以上の放射線に数時間も晒されてしまうことがしばしばである。ビスケットと缶詰だけ食べ、一枚の毛布をかぶって床でそのまま寝るのである。中には今回の大津波で家や家族を失 … Read More

via Genpatsu

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中