◎肥満の予防が大切です(『腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 正しい治療がわかる本』p124より)

Photo

肥満になると腰椎や椎間板への負担が増すだけでなく、おなかが前にせり出すため反った姿勢になり、腰椎のうしろ側が常に圧迫され、骨に無理な力が加わった状態になります。その結果、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の再発や、新たな発症につながる危険があります。

肥満と腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症との関係を示した決定的な研究はまだありませんが、体重増加が腰椎への負担を増やすことは確かです。規則正しい生活と運動習慣を身につけて、適切な体重を維持するように努めましょう。

◎肥満の予防が大切です(『腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 正しい治療がわかる本』p124より)” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中